読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5じげん

漫画 小説 映画 オタク

美人になれるかな?

私のなけなしの美人の友達、知り合いをよくよく観察すると「美人は努力している」としみじみ感じます。と、いうことはもしかして努力の法則を見いだし、努力すれば美人になれるんじゃないでしょうか?という記事です。ちなみに読めばわかると思うが、「これはクラスで一番美人の次元が違う美人」の法則ではなく、「そこそこ美人」の法則でございます。

 

 

1.美人は「顔」に一番時間をかけている

 
美人を観察していると気付かされるのだが、美人はいついかなる時でも必ず化粧をしている。そしてかなり頻繁に化粧直しをしている。

実は美人の大半は「化粧がうまい人」であることは、女子ならなんとなく理解できると思う。そもそもの骨格が違うから…と思い込むなかれ、美人とは己の顔に全力で向きあい、化粧に対しかなりの努力をしているの人達なのである。

 服にはあまりこだわりがない人が多い気がする。「顔」さえいつでも万全の体制であれば何を着ていようと問題ないと確信しているのだ。

 ちなみに次に時間をかけているのは「髪」だと思う。特に凝った髪型にしているわけではなく常に「それなり」の状態をキープしている。

 

意外にも美人はそんなに肌にはかまっていない気がする。ベースメークでカバーすれば良いし、頻繁に化粧直しをすれば良いだけなのだ。美人は「肌がきれいだからスッピンでも出かけられる」「化粧してもあまり顔が変わらない」「土日だけ化粧する」などとは決して言わない。安い化粧品でもなんでもいい。毎日必ず化粧をして、そこそこの髪型とそこそこの服装で出かけることが大事なのだ。

 

 

2.美人は傲慢だ

 

世間って美人に対してものすごく優しく、美人というだけでものすごいサービスを受けてることがある。

たとえば私は美人と食事をしたとき、従業員の男の子から食事やデザートがサービスされたことが何回かある。私はびっくりしたのだが、美人は驚いていなかった。多分良くある事なのだ。これはささいな例だが。

結果美人は傲慢になる。しかも本人はその傲慢さに全く気付いていないことが多いので、結構びっくりするような要求を人にすることがある。人から無償で何かをしてもらうことに慣れきっているのだ。

 

この傲慢さを今から身につけるのは至難の技である。ブスは卑屈だ。

ただ、人から好意で何かをしてもらったとき、「すみません」と言うのではなく「ありがとう」と答えるという小さな一歩から踏み出したい。

 

 

3.美人は群れない

ブスは群れるが、美人は決して群れない。これは謎である。

 

 

.結局は遺伝である

美人の母親は美人である。

当たり前と思うなかれ。前述の通り、美人とは日々美人であるべく努力している人なのだ。なぜそのような努力をしているのかというと、母親が努力していたからだ。だいたい美人の母親は、家でもちゃんと化粧をし、スカートをはいているものである。そういう母親の努力を小さい頃から間近でみることで、本人も努力しだすのだ。 つまり結局は遺伝だとも言える。

 ちなみに母親は娘がきれいになることを手放しでは喜ばないらしい。とりあえず母親は超えるのが美人への第一歩だ。

 

 

さて、美人になれるかな?どーかな。